2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • プロフィール
    名前: ひご洋一朗 (肥後洋一朗)
    年齢: 53
    性別: 男性
    誕生日: 1964/08/17
    職業: 大阪府議会議員
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 4
    5 6 10 11
    13 15
    20 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    ブログ内検索
    フリーエリア
    バーコード
    平成29年9月定例府議会(前半)が閉会しました。 
    公明党を代表して、討論に立ちました。討論の要旨は下記の通りとなります。

    ●「2025日本万国博覧会の誘致推進について」
    万博誘致実現に向けて年明けに行われるBIEの現地調査では、BIE調査団の皆様が、大阪で万博を開催すべきであるとの確信をもっていただけるよう万全の準備をお願いしておきます。

    また、2019年に、G20が日本で初めて開催されます。2025年の万博誘致をめざす大阪において、G20を大阪で開催することが大阪の都市格や知名度の向上となり、世界に大阪の存在感をアピールする絶好の機会となります。

    先日の我が会派の総務常任委員会での質問に対し、知事はG20の誘致について、G20が開催できるよう取り組むと答弁されました。大阪府が確実に勝ち取っていただきますよう、お願いいたします。


    ●「いわゆる大阪府立大学と大阪市立大学との新設合併に関する件について」
    今後、新大学の学部・学域などの教育研究組織について議論していくためには、大学の基本的な役割である教育面で、どのような人材を育成していくのかも含めた具体的なビジョンが必要です。また、併せて大学統合前後に入学する学生や関係者に対しまして適切な情報発信に努めていただきますようお願いをいたします。

    ●重粒子線がん治療について
    平成30年3月、大手前地区において重粒子線がん治療施設が開設され、平成30年10月からがん患者に対する照射治療が開始される予定です。しかし、これにかかる治療費が非常に高額であることから、治療費補助制度等の創設など、がん対策日本一をめざす大阪府としては、患者支援につきましても日本一をめざしていただきますよう求めておきます。

    ●依存症対策について
    必要な治療と支援が受けられる体制を充実強化することはもとより、未然防止の対策も含め、教育、青少年対策、福祉など、行政と医療・業界が連携し、社会全体で取り組んで行かなければなりません。

    知事も先の我が会派の代表質問に対し、全庁的な推進体制を整備し、全国で最も総合的な依存症対策の取り組みがすすんだ自治体をめざしていくと答弁されました。
    今後は、全国に先駆けて、依存症対策の計画やガイドラインの策定、さらには条例の制定を含め、未然防止を含めた総合的な取り組みをお願いしておきます。


    ●知事重点事業について
    少子化対策の中で重要なことは教育の支援です。
    先の衆議院総選挙では、我が党も、大阪府の私立高校授業料無償化制度と同様の制度の全国導入を公約としております。それが実現し、生み出された一般財源は、教育支援や教育環境の充実を最優先に振り向けるべきであることを強く求めておきます。


    政策要望懇談会 HOME 大阪法務局を視察
    Copyright © All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /