2020 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • プロフィール
    名前: ひご洋一朗 (肥後洋一朗)
    年齢: 55
    性別: 男性
    誕生日: 1964/08/17
    職業: 大阪府議会議員
    カレンダー
    03 2020/04 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 7 8 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    ブログ内検索
    フリーエリア
    バーコード
    本日は「消防記念日」

    本日付けの公明新聞「北斗七星」のコーナーに関連記事が掲載されていました。

    消防行政にかかわる方々に感謝。

    以下、公明新聞より。
    北斗七星
    「救助隊にヒーローはいらない」。最近、懇談した消防職員の言葉だ。特別救助隊長も務め、数々の修羅場を踏んできたベテランだ。ヒーローになることを認めてしまえば、若い隊員などは無鉄砲になる。災害現場で負傷すれば、ほかの隊員の負担も増え、助けるべき人を救えなくなる。“命懸けの救出劇”など必要ないという

    ◆彼が若き日に駆け付けた火災現場でのこと。「子どもが2人、家の中にいるんです!」と半狂乱になった母親が叫んでいる。彼は焼けた家に再び飛び込み、まさかと思い向かった風呂場で、焼け落ちて積もった残骸を取り除くと、幼い兄妹が寄り添って息絶えていた。救えなかった。この時の記憶が彼の脳裏から離れない

    ◆ただ貴い命を救いたい。危険な現場に踏み込むが、自身の安全も確保しなければならない。周囲からの賞賛など望まない。「厳しい訓練に耐えてきた自分だからこそ、救える命があるという使命感だけ」だと言う

    ◆きょうは、70年前に制定された「消防記念日」。例年この日を中心に行われるさまざまな行事が、今年は新型コロナウイルス対策のため縮小された

    ◆だが、危険と隣り合わせで闘う勇者が、わが街にいることを思う日としても良いのでは。「当たり前の仕事をしているだけ」と言う彼らは、望まないだろうが、ヒーローに見える。(三)
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    大震災9年 公明党声明 HOME インフルエンザ等特別措置法改正案
    Copyright © All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /