2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    名前: ひご洋一朗 (肥後洋一朗)
    年齢: 53
    性別: 男性
    誕生日: 1964/08/17
    職業: 大阪府議会議員
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    ブログ内検索
    フリーエリア
    バーコード


    こんにちは 肥後洋一朗です。

    景気対策、防災・減災対策は急務であり、まさに待ったなしの状況です。

    今回の社会保障と税の一体改革関連法案に公明党の主張で「事前防災及び減災等に資する分野」に重点的な資金配分を検討することが明記されました。

    景気回復を促す公明党の「防災・減災ニューディール」実現へ足掛かりを築くことができました。 

    防災・減災についての取り組みは、住民の命と暮らしを守るため、着実に推進していかなければなりません。

    寝屋川市内の公立小中学校の耐震化も着実に取り組んでいただき、来年度にはすべて完成予定です。

    また、新たに建物の柱や梁といった構造体だけではなく、天井や照明器具、外壁、内壁などといったいわゆる「「非構造部材」の耐震化が課題になってきています。

    国においても池坊衆議院議員、山本かなえ参議院議員が先日、文科大臣を訪ね、「学校施設の非構造部材の耐震強化を急げ」との申し入れを行いました。

    学校はまさに地域のものであります。天井や照明、内壁や外壁の耐震化・老朽化対策は急務です。現在、全国で、この非構造部材の耐震化は29.7%だけ。国として、地域でしっかり対応できるよう予算も含め、進めなければなりません。

    5月30日に公明党寝屋川市会議員団の皆さんと寝屋川市の馬場市長に「学校施設の非構造部材の耐震対策に関する緊急申し入れ」を行いました。

    現在、次々と発表されている新たな想定地震、想定震度を深刻に各地でとらえ、公明党が防災・減災のエンジン役になり、住民の命を守る――この現場からの防災・減災対策が重要です。

    「わが地域は私が守る」との思いで、市、府、国とのネットワーク力を生かし、動いてまいります。


    防災・減災ニューディール HOME 「社会保障と税の一体改革」3党合意
    Copyright © All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    /